〒146-0083東京都大田区千鳥1-13-17-504
TEL:03-5700-2863  FAX:03-3754-0812 
営業時間:9:30-18:00 土日祝休
URL:http://www.ojio-office.com/ E-mail:ojio_office@myad.jp

入管申請サポートオフィス 行政書士おじお事務所 私達は外国人雇用会社と日本に住む外国人を応援します

外国人社員の社会保険 労災保険 雇用保険

社会保険・労務保険・雇用保険

注目! 社会保険

<外国人でも加入できるのか>

国籍に関係なく、日本で合法的に就労してれば日本人と同じ扱いになり、健康保険や年金保険に加入できます。健康保険と年金保険は1セットで考えられていますので、片方にだけ入ることはできません。 留学生等は国民年金保険に加入することになります。

<年金保険の外国人脱退一時金制度>

6ヶ月以上国民年金や厚生年金を納めた外国人には、条件付きではありますがいくらかが戻ってくる制度もあります。ただし、日本と社会保障協定を結んでいる国の人がこの制度を利用する際には注意が必要です。

<詳細を知るには>

年金保険、社会保険に関する詳細は、最寄の社会保険事務所にお尋ね下さい。

注目! 労災保険

<外国人でも適用になるのか>

労災保険は日本で働いているすべての労働者に適用されますから、外国人にも当然適用されます。例え不法就労であっても、アルバイトであっても、適用を受けます。もし事業主が保険の手続をしていなかったとしても、労働災害にあった場合は給付を受けることができます。

<通勤途中の災害>

労災は通勤途中での怪我や病気等にも適用されます。ただし、通勤途中に寄り道をして事故にあった場合などは対象になりません。

<事業主の責務>

労災が発生したら、事業主には「労働者死傷病報告書」を出す義務があり、災害にあった労働者やその家族が保険給付手続ができるように手助けをしなければなりません。日本語に不自由な外国人であれば尚更自分達だけで行うのは難しいでしょうから、事業主の協力が不可欠です。

<詳細を知るには>

労災保険に関する詳細は、最寄の労働局、労働基準監督署にお尋ね下さい。

注目! 雇用保険

<外国人でも加入できるのか>

外国人であっても、日本で就労していれば雇用保険に加入することができます。ただし、本国の雇用保険でカバーされている場合等、例外もあります。

<詳細を知るには>

雇用保険に関する詳細は、最寄のハローワークにお尋ね下さい。


copyright